食材宅配

食材宅配サービスの種類

働いていて忙しくて買い物に行く時間がなかなか取れない人、子育てが大変で買い物に出るチャンスがなかなかないママ、買い物に出かけるのが大変な高齢者などを中心に食材宅配サービスの需要が上がっています。
それに伴って、食材宅配サービスを行う業者も急増し、行っているサービスも多種多様となっています。

サービスのタイプを大きく分けると「食材タイプ」「半調理タイプ」「完成品タイプ」の3つに分類できます。

食材タイプ
食材タイプとは、その名のとおり一般的なサービスのことで、注文した食材が新鮮な状態で手に入るものです。
食材宅配サービス会社にもよりますが、1週間の夕食レシピがカタログにまとめられていて、その中から好きなメニューを選ぶと必要な分量の食材が届くものもあり、毎日のメニュー(献立)に悩まされることがありません。
レシピ通りつくることで、料理の勉強になりますし、料理のレシピのレパートリーが増えます。
届く品は生産地も明確で、近所のスーパーでは手に入らないようなこだわりの食材が手に入り、そのレア食材で自分の料理にアレンジを加えることも可能です。
半調理タイプ
半調理タイプとは、皮むきなどの下ごしらえなどが既に済んでいる食材が送られてくるタイプのもので、味付けなども決められているものが多いため料理の苦手な方でも短時間で簡単に調理ができるタイプです。
下ごしらえの手間がいらないので、基本的には生ゴミがでませんし、手間が省けている分ほかのところでひと手間加えるだけでアレンジも幅が広がります。
完成品タイプ
完成品タイプは、その通り完成品が、つまり調理済みの出来上がった料理が、冷凍・冷蔵状態で送られてくるタイプです。
栄養のバランスなども専門家が考えたレシピで出来上がっていますから、栄養が偏りがちな一人暮らしの学生、単身赴任で料理をしないお父さん、また高齢者の方にも人気のタイプです。
電子レンジなどで温めると、すぐに食べられる状態のものなので、子供も簡単に食べることができます。
web_line.gif

大きく分類するとこのようになりますが、食材宅配サービスの競争によってほかにも様々な工夫とサービスでいろいろなニーズに応えられるようになっているようです。

例えば、忙しく食材を受け取れない状況にある人のために、宅配時間を指定できるサービスや、保冷のための設備を設置してくれる業者があったり、宅配サービスを利用する方の理由(小さな子供がいるために買い物が大変、など)によって割引などのサービスが充実したりと、細かく分類すると本当に様々なサービスが受けられるようになりました。