食材宅配

薬膳料理

食材宅配サービス会社の中には、人の健康を考えた薬膳料理に目を向けているところもあるようで、届けられるレシピに薬膳料理を織り込ませていたりします。
他、体にいいとされる食材に力を入れていたり、体のことを考えた食生活ができるようにといろいろなアイデアをサービスに盛り込んでいるようです。
薬膳料理とはどのようなものでしょうか?

もともとは中国を起源とする料理による健康法のひとつで、実は食べ物にも薬と同じように、人間の体に対して何らかの効能や作用を表します。
その作用がどのような影響を与えるかに注目しているのです。

薬膳には病気の治療を目的とする「食療」と、病気にならないための「食養」があり、とくに注目したいのが「食養」です。
"食事によって病気にかかりにくいからだをつくり、健全な精神を養う"ということが薬膳のもくてきなのです。

人間が感じる「甘い」とか「苦い」という味覚が、内蔵の各所と密接な関係を持っているといわれています。
「酸は肝・胆に入り、苦は心・小腸に入り、甘は脾・胃に入り、辛は肺・大腸に入り、鹹は腎・膀胱に入る」というように、それぞれの五味が内臓と密接な関係をもっていて、どれかが欠けたり過食したりすると、体に影響がでます。

また医食同源における五行の考えを取り入れ、食品を「熱、温、平、涼、寒」に分け、摂取した際に体内が「熱、温」、「涼、寒」、いずれでもない「平」に分類していて、これらをバランスよく摂取しなければなりません。

バランスよくというのは、五味と五性をまんべんなく取るということです。
五味は「甘、酸、苦、辛、鹹」 五性とは「熱性、温性、平性、涼性、寒性」を表します。

五味は、それぞれ甘い味、酸っぱい味、苦い味、辛い味、塩辛い味。
五性は、熱性・温性がからだを温め、興奮作用があるもの。
寒性・涼性は消炎・鎮静の作用があるもの。
熱性、寒性のどちらにも属さないものを平性といいます。