食材宅配

JAS規格

JAS規格というのは『日本農林規格』といってJAS法(日本農林規格法)に基づいて定められた農・林・水・畜産物およびその加工品の品質保証の規格のことをいいます。
英語名称が Japanese Agricultural Standard であるため、一般にJAS(ジャス)と呼んでいます。

JAS規格を満たすことができた製品にJASマークというものがついています。

JASマークが付いているということは、その製品が一定の品質をもっているかどうか、という指標になるわけで、このマークを基準に、消費者は製品を選ぶことが可能になり、事業者は製品の取引を行ったりすることができるというわけです。

製品がJAS規格を満たしていることを確認するには2つの方法があります。

  • まず1つ目に、登録格付機関に事業者が自分の製品を持ち込んで検査してもらう方法です。登録格付機関とは、国が認めた検査機関のことをいいます。
  • そしてもう1つが、登録認定機関に品質管理や検査の体制が十分であることを認められた事業者が自ら検査を行う方法です。
    登録認定機関とは、国が認めた認証機関のことです。

JAS規格には、原材料や色つやなどの品質の基準である一般JASと作り方についての基準である特定JASがあります。

  • 一般JASは、品位、成分、性能等の品質について一般JAS規格を満たす食品や林産物などにJASマークを付す制度で、飲食料品につけられます。
  • 特定JASは、特色ある生産方法や原材料に着目した認証制度で、熟成ハム、熟成ソーセージ、熟成ベーコン、地鶏肉などが認定されています。

有機農産物のJAS規格や生産情報公表のJAS規格は特定JASの一つです。

line_giza.gif

jas.gif 食材の宅配サービスを頼む際は、それぞれの会社でJASよりも厳しい安全基準を設置して商品の安全に励んでいますが、これらのようにどの商品が安全で、どんな基準を満たしているのか、といことに目を向けて安全面から食材宅配サービス会社を選んでみるのも手かもしれません。