食材宅配

トレーサビリティー

英語で『traceability』と書くこのトレーサビリティーは、直訳すると『跡を尋ねることのできる、突きとめられる』という意味を表し、追跡可能性ともいわれています。

要するに、製品の流通経路を生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態をいいます。

もっとわかりやすくいうと、作った人や過程が把握できるから安心!ということです。

ただ、厳密にいうと、食品の生産・流通ルートをさかのぼれる仕組みを表しているだけであって、直接、食品の安全性を保障するものではありません。
しかし、このトレーサビリティーのおかげで、『生産の段階でどんな飼料、農薬を使っているのか』『加工段階でどんな管理がされているか』などが公開されるため、隠されているよりはるかに信頼性は高まります。

最近でいうと狂牛病(BSE)問題の時に話題となっていましたが、遺伝子組み換え作物の登場や、有機農産物の人気の高まり、食品アレルギー問題や偽装表示、産地偽装問題などのいろいろな問題の発生にともなってトレーサビリティが注目されてきています。

食品の安全性を高め、消費者が商品を選択できる権利があるということに関心が高まっているからこそ、きちんと知っておきたい情報のひとつです。